デスクワークの腰痛は椅子が対策のカギ!この3つに注目

腰の軽さが全然違う!

雲の上で寝てるような寝心地体験!

返金保証100日間

デスクワークの腰痛は椅子が対策のカギ!この3点に注目

デスクワークの腰痛は、正しい姿勢で対処をする。この考えは間違ってはいないけど、現実問題としてデスクワークの最中、ずっと姿勢に注意をし続けるのは難しいですよね。

 

そこで、代わりに椅子に工夫をするなどして、デスクワーク中の環境を整えることをお勧めします。

 

デスクワーク

 

デスクワークの椅子について

 

デスクワークで使う椅子。高価な椅子を用意しても、高さがあっていないと最悪の使い心地になります。

 

ですから、デスクワークで使う椅子の使い心地が、値段と比例するとは限らない点に注意をしましょう。

 

デスクワークで使う椅子は、最低この3点に注意

 

もし、デスクワークで使う椅子を自分で用意できるのであれば、以下の点に気を付けて選びましょう。

 

良い椅子の条件は、細かく見ればいくらでも出てくるのですが、デスクワークであれば最低でも以下の3点に気をつける必要があります。

 

デスクワークで使う椅子で気をつけたい3点
  • 机に肘を置くと、角度が90度になる

     ○90度以下なら猫背の状態
       →椅子を少し高くする
     ○90度以上なら
       →椅子を少し低くする

  • 足裏全体が床にピッタリとくっつく

     ○フットレスで調整しても良い

  • 背筋がまっすぐに伸びる

 

とりあえず、この3点は満たしたいところ。

 

あと、デスクワークで使う椅子だけに気をつければ、腰痛を防げるというわけではない。

 

椅子と共に以下のような点にも気を付けよう。

 

椅子以外で気をつけたい点
  • 机の高さ

     キーボードを置く場所などと共に気をつける

  • ディスプレイの位置

     ○ディスプレイの上端が見える程度にする
        椅子に座って顔をまっすぐにした状態で
         ディスプレイの下にモニターを置くなどして調整

 

フットレスについて

 

デスクワークで使う椅子。

 

もし、自分で用意することが出来ないのなら、フットレスを使うなどして調整をしよう。

 

フットレスは座りながら使う踏み台のような物。足の下に設置して脚を置いて使う。

 

製品によっては、高や角度を調整できる物も多い。フットレスは長く使えるものだから、調整できる物を用意しよう。椅子や机の環境が変わっても使い続けられるよ。

 

終わりに

 

今回は、デスクワークで使う椅子の環境についてお伝えしました。

 

職場では椅子を自分で用意できない場合の方が多いですから、フットレスやクッションを使って調整をすることになると思います。

 

この調整は一発で完璧に出来るという事は少ないので、時間をかけることになりますから気長に行っていきましょう。

関連ページ

デスクワークの腰痛を防止 よく姿勢を正せっていうけど無理!
デスクワークの腰痛防止。その基本は姿勢を正すこと! と、聞いた事のある方も多いのでは?事実、その通りなのですが、正しい姿勢をしろっていうのはチョット難しい話なんですよね。今回は、正しい姿勢に関しての現実をお伝えします。
デスクワークで腰痛?椅子の高さ調整がアナタの腰を守る!
デスクワークで腰痛になる原因は、多く場合は姿勢にあります。椅子の高さが体格に合っていないと悪い姿勢となり、腰痛の原因となるのです。今回は、椅子の高さを調整するための計算式など、デスクワークの腰痛を防げる、椅子の高さ調整のための情報をお伝えします。