デスクワークで腰痛?椅子の高さ調整がアナタの腰を守る!

腰の軽さが全然違う!

雲の上で寝てるような寝心地体験!

返金保証100日間

デスクワークで腰痛?椅子の高さ調整がアナタの腰を守る!

デスクワークの腰痛は、椅子の高さの調整が大切です。

 

なぜなら、椅子の高さを上手に調整することによって、デスクワーク中の姿勢の悪さを改善できるからです。

 

デスクワーク

 

大切なのは座面の高さ

 

デスクワークの腰痛を防ぐため椅子を調整する。この時大切になるのが、椅子の座面の高さです。通称シートハイと呼ばれていますよ。

 

この座面の高さですが、日本人の退家には合っていない椅子がほとんどです。なぜなら、椅子の多くは欧米に合わせて作られており、身長が低く嘆息体型の日本人には合わないのです。

 

ですから、椅子の高さの調整は必ず行わなければなりません。

 

理想的な椅子の高さは?

 

腰痛対策として必須な椅子の高さの調整。

 

理想の高さというのは、まず、太ももが乗る部分に紙を敷いて、椅子に座った状態になります。そして敷いた紙をスッと取り出せる。これが理想的な椅子の高さだとされています。

 

ですから、膝の高さが股関節よりも、わずかに高い程度が理想という事です。

 

椅子の理想の高さは計算で出せる(目安だけど)

 

椅子の理想の高さですが、人間工学を基にした計算で出すことが出来ます。目安ですが。

 

椅子の高さ=身長×0.25-1
机の高さ=(身長×0.25-1)+(身長×0.183-1)

 

※身長はcmで当てはめる

 

デスクワークを行う場合は、椅子だけでなく机の高さも大切になりますから、ついでに計算をしておきましょう。

 

なお、机と椅子の高さの差は30cmが理想だと言われています。が、食卓か、パソコン専用か、デスクワークで色々と使うかになどの目的によって理想の差は違ってきます。

 

終わりに

 

椅子の高さは、デスクワーク中の姿勢に大きな影響を与えます。ですから、初めて使う椅子は早めに調整をするようにしましょう。

 

なお、椅子に座ったときに理想的な姿勢ですが、コチラに書いてある3点が最も重要となります。まずは、この3点を満たすようにしっかりと調整するようにしましょう。

 

デスクワークの腰痛は椅子が対策のカギ!この3点に注目

関連ページ

デスクワークの腰痛を防止 よく姿勢を正せっていうけど無理!
デスクワークの腰痛防止。その基本は姿勢を正すこと! と、聞いた事のある方も多いのでは?事実、その通りなのですが、正しい姿勢をしろっていうのはチョット難しい話なんですよね。今回は、正しい姿勢に関しての現実をお伝えします。
デスクワークの腰痛は椅子が対策のカギ!この3点に注目
デスクワークの腰痛対策は椅子の調整がカギとなります。どのような調整を行えば良いのかというと、色々な条件が出てきてしまいますから、今回は絶対に満たしたい椅子の調整の条件を3つに絞ってお伝えします。椅子の調整は、この3点の徹底から始めましょう。