デスクワークの腰痛は労災って認められるの?

腰の軽さが全然違う!

雲の上で寝てるような寝心地体験!

返金保証100日間

デスクワークの腰痛は労災って認められるの?

デスクワークが原因だと思われる腰痛。これって労災は認めれるのでしょうか?

 

その答えはというと、認められることは稀です!と、なります。

 

デスクワーク

 

労災で腰痛が認められるには?

 

デスクワークが原因と思われる腰痛。なぜ労災として認められないのかというと、第三者的に証明するのが難しいからです。

 

客観的に、腰痛はデスクワークが原因であると証明する必要があるので、いロリオナ死霊が必要となります。

 

  • 基礎疾患についての資料
  • 就業前の健康状態の資料
  • 勤務記録
  • 医師の診断

 

このうち医師の診断ですが、レントゲンを撮ってもらうなどをする必要があります。

 

デスクワーク以外で労災が認められるケース

 

デスクワーク以外、例えば引越し作業などは腰痛が労災と認められたという話をよく聞きますよね。

 

引越し業であれば、キッカケがいつだったのか分かりますから、当然といえば当然と言えます。

 

そんな腰痛の労災認定ですが、認定基準があります。この基準は大きく分けて2種類あり──。

 

1:腰部分に過度の負担が掛る業務を3ヶ月〜す年以内従事してきた労働者に発生した場合。

 

2:重量物を取り扱う業務、腰部分に過度に吹かの掛る作業をしている労働に長期間(10年など)従事して発症した場合。

 

どちらもデスクワークの場合とは、大きく違いますね。

 

終わりに

 

労災が認められるには、●月●日に何を行ったのが原因で腰痛になったのか?このように腰痛になったタイミングなどを、明確に示せなければ難しいのが現状です。

 

例えば、転んだとか重い物をもったとか、そういったキッカケをデスクワークは示すのが難しいのが問題となるのです。