腰痛にデスクワークで!退職するときの注意点は?

腰の軽さが全然違う!

雲の上で寝てるような寝心地体験!

返金保証100日間

腰痛にデスクワークで!退職するときの注意点は?

腰痛というのは、様々な要因で生じます。ことさらデスクワークが原因で腰痛になるという方は、かなり多いようですよ。

 

デスクワークで腰痛が発生。そして腰痛があまりにも辛い場合は、退職を考える方が多いと思います。

 

このような時に行う事は、通常の退職と変わりません。なるべく早くに退職したい旨を会社に伝えて、満期満了で仕事を辞めるようにします。これは再就職を考えると、満期満了でやめた方が良いからです。

 

退職を考える程の痛みが発生しているのですから、働いている間はブロック注射などで痛みを誤魔化す必要がある点が辛いのですが──。

 

それでも、再就職を考えての辞め方というのが重要となってきますので、この辺りは気を付けたいところです。

 

しかし退職をするにしても、腰痛ならではの問題があるので、その点について今回はお伝えしておきます。

 

デスクワーク

 

最大の問題点は理解されにくい事

 

腰痛で退職をするとき、最大の問題となるのが理解をされにくいという事です。

 

残念な事に、腰痛で辞める旨を伝えると甘えだという上司というのが存在します。ですから、仕事を辞めるのであれば別の理由を用意するか、予め準備をしておくかが必要となります。

 

準備をする場合は、事前に腰を痛めたことを周囲に相談することが大切です。また、病院で診察をしてもらい腰痛になっていることを会社の方に伝えることも大切になってきます。

 

腰痛とディスクワークの因果関係の証明は難しい

 

腰痛とデスクワークとの因果関係を証明するのはとても難しいのが現実です。

 

このことが、退職の理由になりずらい最大の原因と言えるでしょう。また、因果関係の証明が難しいため、デスクワークで腰痛になっても労災が降りることは滅多にありません。

 

1年間を目安に考えてみる

 

急性の腰痛であれば3ヶ月で、患部の炎症が治まって快方に向かいます。また、デスクワークが原因であっても、仕事中の腰への負担を改善するなどする事で、1年あれば腰痛が良くなる事が多くあります。

 

このため、腰への負担を軽減する改善策を試しながら仕事を続けるのも手と言えます。

 

もっとも必ずしも改善するという保証がない上に、痛みに耐え続けるというのも辛いですからね。まずは退職を前提にする場合も仕事を続ける場合も、周囲に相談することが必要なので、相談から始めてはいかがでしょうか?

 

このとき、退職を考えるだけの腰痛なのでかなりの痛みだと思います。ですから、医師の診断を受けておくというのが前提です。

 

また、もし仕事を続ければ一生に影響が出るという場合は、早めに退職をする必要があることも付け加えておきます。

関連ページ

デスクワークで腰が痛い!この痛みを応急的に和らげるには?
デスクワーク中に感じる腰の痛み。仕事に集中できなくなるなど、色々な問題を生じさせます。本格的な解決方法の実践は仕事の後で行うとして、まずは仕事を乗り切ることを考えましょう。本格的な対策は、場所や人目の問題で実践が難しいですから。