デスクワークで腰が痛い!この痛みを応急的に和らげるには?

腰の軽さが全然違う!

雲の上で寝てるような寝心地体験!

返金保証100日間

デスクワークで腰が痛い!この痛みを応急的に和らげるには?

デスクワークで腰が痛い!と、感じるようになると注意力が散漫になるなどして、仕事に悪影響が出ますよね。

 

病院に行ったりその他の対策を行うのは後からするにして、とりあえず痛みを和らげて今日を乗り切りたい! このような場合の対処方法をお伝えします。

 

デスクワーク

 

手始めに行いたいこと

 

デスクワークで腰が痛い場合は、 インドメタシン入りの湿布を貼るのが、痛みを和らげる手始めとしては良いのではないでしょうか?

 

また、1時間ほどの時間を取れるのなら、マッサージ屋さんで腰のコリをほぐしてもらうのも良いでしょう。

 

定期的に椅子から離れることも大切

 

20分間同じ姿勢を続けるだけで、筋肉というのは硬くなります。腰の筋肉も同様で、デスクワークという体を動かしにくい仕事を20分間続けるだけで、腰の筋肉が硬くなってしまいます。

 

ですから、定期的に椅子から離れることも大切。

 

腰痛の時には、定期的に椅子から離れるようにしましょう。理想としては20分などですが、この時間では仕事になりません。ですから、60分に一度でも効果はあるので椅子から離れます。

 

そして腰をゆっくり回すなど、軽くストレッチをしましょう。

 

ストレッチ方法は、ネットで動画を検索するなどすれば簡単に見つかりますよ。

 

腰痛を改善するストレッチもあるのですが、それは帰宅後で。デスクワークの最中ではストレッチをする場所も確保できませんし、人目も気になりますからね。とりあえずは、痛みを誤魔化すことだけを考えましょう。

 

また、デスクワーク中にこまめに体を動かして体勢を変えてみるのも、腰痛を誤魔化すのに貢献してくれます。

 

もし、痛くなるタイミングが分かるのなら?

 

もしも、腰痛が発生するタイミングが分かるのなら、そのタイミングが来る前に立ちあがりましょう。

 

そして軽く歩くだけでも、腰痛は軽減できますよ。

 

やはり腰痛対策の基本はデスクワークの後

 

痛みを和らげるのは、その場しのぎでしかありません。

 

やはりデスクワークが終わったあとに、腰痛改善に効果のあるストレッチや筋トレを行うなどして、腰痛の原因を根本的に治していく必要があります。

 

この辺りの方法は、専門家に訊ねるなどした方が良いですよ。

 

腰痛と一言でいっても、その原因は色々とありますからね。原因に則した対策を取らなければ、努力が無駄になりかねませんから。

関連ページ

腰痛にデスクワークで!退職するときの注意点は?
腰痛が酷い場合は退職が必要となることもあります。このとき、少し注意したい点があります。今回は、デスクワークで腰痛になり退職を考えたとき、どのような点に注意をする必要があるのかをお伝えします。今回お伝えする点には、極力気を付けるようにしましょうね。