デスクワークの腰痛には、コルセットが大活躍!

腰の軽さが全然違う!

雲の上で寝てるような寝心地体験!

返金保証100日間

デスクワークの腰痛には、コルセットが大活躍!

デスクワークで腰痛になるという事は、腰に負担が掛っているという事です。この腰への負荷ですが、腰痛コルセットを巻くことで大きく減らすことが出来るとされています。
コルセットが、座った状態だとどのような影響を腰に与えるのかを今回はお伝えしますね。

 

デスクワーク

 

姿勢の悪い座り方とコルセット

 

デスクワークで腰痛の原因になりやすい姿勢の悪さ。この姿勢の悪さによって腰にかかる負荷を、コルセットは軽減してくれます。

 

特に浅く座って背もたれに寄り掛かる姿勢になることが多い人には、なかなか役立ってくれます。

 

コルセット装着状態で椅子に座ると圧迫感が

 

コルセット装着状態で椅子に座ったときに感じる圧迫感が、何となく嫌だという方も多いと思います。

 

もしこのように圧迫感を感じた場合は、コルセットを緩めて適度な圧に撒き直しましょう。

 

圧迫感を感じる場合というのは、コルセットの位置がずれている可能性があります。コルセットの位置がずれると、腰への負担が軽減され無くなることも多いので、着け直しは必須と言えます。

 

もちろん、椅子から立ち上がった時に必要な圧迫感を感じられない場合も、コルセットの着け直しは必要ですよ。

 

ちなみに、椅子だけでもコルセットは役立ちます。上半身を支えるのが楽になります。

 

コルセットは腰を固定させて負担を軽減させる

 

コルセットの効果ですが、腰の固定によるものです。

 

支柱による腰椎のサポート+腹腔圧の上昇。これらが筋肉の代わりとなって腰を正しく伸ばした姿勢にしてくれます。また、腰の落ち込みがしにくいので、腰椎の無理な曲げを防ぐ働きもあります。

 

特に椅子の座り方に問題がある場合には、コルセットが大活躍しますよ。

 

終わりに

 

デスクワークの腰痛に、コルセットは活躍してくれます。

 

コルセットは腰の負荷を代わりに受けてくれたりするので、腰痛になる前から付けるのも、良い手段だと言えるのではないでしょうか?

 

このコルセットですが、デスクワークに適したコルセットという物があります。

 

あなたが慢性的な腰痛であり、なおかつヘルニアなどの症状がなく、腰を使う仕事でもない。このような場合は腰椎固定ベルトのパワフルギアというコルセットが予防もかねておすすめ。少し値ははりますがね。

 

一方で安いコルセットは、腰を支える機能が弱いので効果はあまり期待しない方がよいですよ。

関連ページ

デスクワークの腰痛をクッションで!腰に優しい使い方は?
デスクワークで大きな悩みとなる腰痛。この腰痛を防ぐには、クッションを使うというのが特に手軽な方法ではないでしょうか?腰痛対策としてクッションを使う場合ですが、少し工夫を行わないと有効活用はできません。今回は、腰痛対策としてクッションを使う時のコツをお伝えします。
デスクワークに腰痛ベルトを!コルセットとどう違うの?
デスクワークで腰痛になった場合、その痛みを和らげる手段として腰痛ベルトや腰痛コルセットを使うという選択肢もあります。この腰痛ベルトと腰痛コルセットは、機能面にどのような違いがあるのでしょうか?