デスクワーク!腰痛対策はコノ3つから始めよう

腰の軽さが全然違う!

雲の上で寝てるような寝心地体験!

返金保証100日間

デスクワーク!腰痛対策はコノ3つから始めよう

デスクワークは1日に7時間〜8時間、人によってはそれ以上の時間、ずっと椅子に座っていることになりますよね。

 

これだけの時間座り続けるのですから、とうぜん体に異常が出ない方がおかしい程の負担が腰にはかかっています。この負担を、どのように減らすかが腰痛対策のカギとなります。

 

腰痛

 

腰痛の原因例

 

デスクワークの腰痛は、腰への負担によって引き起こされます。

 

座っている状態というのは、立っているときに比べて1.5倍以上の負担が腰にかかっていると言われています。

 

ここに姿勢の悪さが加わると、おかしな場所に負担が掛ってしまい、いっそう腰を痛めやすくなります。

 

また、腰の緊張も問題です。

 

腰の緊張について

 

デスクワークのように同じ姿勢を続けると、筋肉の負担が限られた場所に集中します。このため、一部の筋肉だけが極端に疲れる結果になります。

 

筋肉というのは、疲れると緊張状態となってしまいます。緊張は痛みを誘発するので、緊張によって腰痛が生じることもあるのです。

 

デスクワークでの腰痛の対策は?

 

デスクワークで腰痛対策を行うのであれば、以下の3点に気を付けることを最優先に考えましょう。

 

腰痛対策で気を付けたいこと
  • 正しい姿勢で座る
  • 休憩をときおりとって体を動かす
  • クッションや座布団を使う

 

正しい姿勢で座る

 

デスクワーク中の不自然な姿勢は、腰に不自然な負担を書けます。

 

ただ、正しい姿勢を続けるのは難しいので、まずは椅子の調整から行った方が良いでしょう。

 

デスクワークで腰痛?椅子の高さ調整がアナタの腰を守る!

 

休憩をときおりとって体を動かす

 

椅子にすわっている限り、腰には負担が掛り続けます。ですから、定期的に休憩をとって体を動かすようにしましょう。

 

ですが、この時の腰は緊張して柔軟性を失っているハズです。ゆっくりと腰を動かす事から始めた方が良いですよ。

 

このとき、腰だけでなく足の運動もすると、結構が促進されて腰にも良い影響が出ますよ。

 

クッションや座布団を使う

 

クッションや座布団を使う事で、デスクワーク中の腰の負担を少し和らげることもできます。

 

クッションなどを使う事で、正しい姿勢を取りやすくすることが出来るからです。

 

行う事は単純で、お尻の後ろ半分にクッションや座布団を敷くだけです。

 

デスクワークの腰痛をクッションで!腰に優しい使い方は?

 

終わりに

 

デスクワークを仕事にしている方は、腰痛になりやすいと言われています。

 

ですから、デスクワークを行っている場合は腰痛対策は必須という事です。そのためには、腰への負担をどのように減らすか? また、腰の負担をどのように治すかが重要となってきますよね。

 

とりあえず、今回お伝えした対策から始めてみると良いのではと思います。

 

いくつもの工夫を行おうとしても、続けることは難しいでしょうからね。

関連ページ

デスクワークの腰痛はヘルニアの一歩手前?
デスクワークは腰に大きな負担をかけます。このため、腰痛になる方というのはすごく多いんですよね。腰痛になるほど腰に負担をかけているという事は、腰に関する痛いだけでは済まない、ヘルニアの原因になる可能性もデスクワークは持っています。
デスクワークの腰痛に座布団……役に立つの?
デスクワークが原因と思われる腰痛。辛いですよね。この腰痛対策として、なにか椅子の座面に敷こうと考えたことってありませんか?自宅に和室があるのであれば、座布団を敷いてみようと考えた方もいらっしゃるのではないでしょうか?今回は、座布団が腰痛対策になるのかについてお伝えします。
デスクワークを正しい姿勢で!パソコン作業前の工夫は?
デスクワークは悪い姿勢で行うと腰痛などの問題を抱えやすくなります。ですから、正しい姿勢を維持することはとても大切なのです。今回はパソコン作業中に悪い姿勢にならないように、事前にどのような工夫を行えるのかをお伝えします。