デスクワークを正しい姿勢で!パソコン作業前の工夫は?

腰の軽さが全然違う!

雲の上で寝てるような寝心地体験!

返金保証100日間

デスクワークを正しい姿勢で!パソコン作業前の工夫は?

デスクワークでパソコンを使う時、正しい姿勢であるためには道具の置き方が重要なポイントとなります。

 

机やいすの高さの調整、ディスプレイやキーボードの置き方。こういった点に気を付けるようにしましょう。

 

デスクワーク

 

パソコン作業中の姿勢:机や椅子の調整

 

デスクワーク中に姿勢を正しくあるためには、机や椅子を身体に合わせて調整をしましょう。

 

もしも机と椅子の両方とも、高さの調節ができるのならまずは椅子の調節から始めましょう。その後、机を適切な高さにします。

 

ですが椅子の調節はできても、机の調節は出来ないという場合が多いと思います。このような場合は、椅子の調節のみとなります。

 

これらの調整で、以下の姿勢を目指しましょう。

 

机と椅子の調整で目指す姿勢
  • 膝を90度に曲げてキーボードに指が届く
  • 足の裏全体が床や足台に接する
  • 椅子と太ももに紙を挟んだとき少しの力で引きぬける

 

パソコン作業で使う理想の机

 

パソコン作業をする場合、適切な位置に必要な道具を配置できる机が理想です。また、床からの高さは、日本人の体形であれば65〜70cmが理想的だと言われています。

 

ちなみに高さを調整できる机の理想は、60〜72cmの範囲で調節できる物です。

 

パソコン作業で使う理想の椅子

 

椅子は座面の高さを、自由に調整できる物が理想です。通常の体型であれば、最低でも床から37cm〜43cmの範囲で調整できる物が望ましいとされています。

 

あと、背もたれがついていていることも案外大切です。また机に腕を置くペースがない場合は、肘掛けも欲しいところですね。

 

椅子の調節については、コチラの記事をご覧ください。

 

デスクワークで腰痛?椅子の高さ調整がアナタの腰を守る!

 

正しい姿勢のためのパソコンの調整

 

パソコン作業を行うのであれば、ディスプレイは欠かせません。

 

高さ、位置、文字サイズ、明るさなどを調節しましょう。

 

正しい姿勢のためのディスプレイ調整
  • 高さ
     ○ディスプレイの上端が目の少し下になるようにする
      →椅子に座って真っ直ぐに前を見た状態で
  • 視線
     ○ディスプレイの位置は目から40cm以上離す
     ○仕事の道具も同じ程度の距離にする
      →机の上のキーボード、書類なども
  • 表示する文字の大きさ
     ○小さくし過ぎない
  • 明るさやディスプレイの角度
     ○上記が終わったら見やすいように調節する

 

ディスプレイの調節が済んだら、次はキーボードの調節です。

 

正しい姿勢のためのキーボード調整

 

細かい動きをする筋肉は、疲労しやすいとされています。キーボードを打つのに使うのは細かい動きをする筋肉です。

 

しかも肘から先ばかりが運動をして、他の部分は固定されたような状態。このため部分的に血行が悪くなったり、首や肩、腰などには疲労や痛みが発生することになります。

 

正しい姿勢のためのキーボード調整
  • 手首は肘〜手首までをまっすぐにのばす
  • キーボードは身体の正面に置く
  • 手の平は机やキーボードに強く押し付けない
  • 書類を見ながらの作業時は書見台を使う

 

正しい姿勢のためのノートパソコン調整

 

ノートパソコン年製の関係を考えるのなら、ディスプレイとキーボードが一体になっている点が大きな問題となります。

 

これは姿勢の制限に繋がります。また、目からの距離もデスクトップパソコンよりも短くなる傾向にあります。

 

また、ノートパソコンを使う場合は周辺機器が多めになる傾向にある点も見逃せません。

 

正しい姿勢のためのノートパソコン調整
  • 周辺機器を置くスペースを確保する
  • 作業途中でノートパソコンを左右に少し移動させる
  • ノートパソコンの下に何か敷くなどして角度調整
  • ディスプレイまでの距離は40cm以上を確保

 

終わりに

 

今回は、パソコンを使う場合に正しい姿勢をするためのヒントをお伝えしました。

 

これらの調整と共に、パソコン作業中はディスプレイを覗きこむことが増える点にも注意をしましょう。

 

ディスプレイを覗きこむ動作は、文字のサイズ調整と画面の明るさ調整で、ある程度は防げますよ。

関連ページ

デスクワークの腰痛はヘルニアの一歩手前?
デスクワークは腰に大きな負担をかけます。このため、腰痛になる方というのはすごく多いんですよね。腰痛になるほど腰に負担をかけているという事は、腰に関する痛いだけでは済まない、ヘルニアの原因になる可能性もデスクワークは持っています。
デスクワーク!腰痛対策はコノ3つから始めよう
デスクワークで大きな問題になるのが腰痛。腰痛になると、集中力が乱されたり仕事の妨げになります。ですから仕事のためにも腰痛対策はしっかりと行いたいものです。ですが、たくさんの腰痛対策を行おうとしても長くは続きませんよね。ですから、今回お伝えする3つの対策から始めてみましょう。
デスクワークの腰痛に座布団……役に立つの?
デスクワークが原因と思われる腰痛。辛いですよね。この腰痛対策として、なにか椅子の座面に敷こうと考えたことってありませんか?自宅に和室があるのであれば、座布団を敷いてみようと考えた方もいらっしゃるのではないでしょうか?今回は、座布団が腰痛対策になるのかについてお伝えします。